menu

TV-CM紹介

「ふだんのご馳走」篇 15秒

「ふだんのご馳走篇」メイキング

「ふだんのご馳走篇」メイキング画像

《CMメイキングエピソード》「CM撮影秘話」

今回出演していただいたのは、馬上かまぼこ店の営業社員Ⅰくん家族。
前の週に笹かまの郷でリハーサルを済ませ、当日は富谷市所有の『大黒澤苑』という古民家を貸しきり撮影しました。
昭和と令和の食卓のかまぼこ料理もフードコーディネーターさんが素敵に料理してくれました!
そして、昭和の衣装、令和の衣装も可愛らしく、子役の二人も大喜び!終始和やかな雰囲気のなかで撮影は終了しました。

後日の編集は、ナレーション担当の庄司恵子さんが『雰囲気を出すために』と自ら「割烹着」を持ち込んで着替え!まさに昭和のお母さんに変身して録音に臨まれました!ほっくりとあったかいCМの完成に一役かっていただきました。

ふだんのご馳走篇、是非ご家族でご覧ください。

「忘れがたきふるさとの味」篇 15秒 (創業100周年記念企画CM)

「忘れがたきふるさとの味篇」メイキング

《CMメイキングエピソード》「CM撮影秘話」

4月29日、曇天のゴールデンウイーク期間中、奇跡的に晴れたこの1日。社員やその親戚のお子さん達に、亘理神社にエキストラとして集まってもらっての撮影でした。

監督の「用意!スタート!」の掛け声のもと、四方八方に駆け出す元気な子供達。監督が何度も言う「おーい!みんなー!そんなに裏まで走って行かなくてもいいんだよー!」の声も聞こえてか聞こえずか、元気に神社の境内を走り回ります。

中には、ゆうべ寝違えて首を傾げて走る男の子の姿も(笑)。炎天下の中、みんな元気に「缶蹴り」してくれました。ご協力頂いた社員関係のお母さんお父さん達、本当にお疲れさまでした!

午後は高屋小学校でのロケ。実はこのピアノ弾いてくれたのは、副社長の娘さん。音楽教室の先生に教えて頂いて完璧に「ふるさと」を弾いてくれました♪本当にありがとうございました!おかげで素敵なCMが出来上がりましたよ♪

ちなみに、最後の馬跳びのシーンは社長のこだわりで、前CMのものをイメージ加工して挿入しました。忘れがたき「ふるさと亘理」の世界をどうぞご鑑賞ください。

「味の記憶」篇 15秒 (創業100周年記念企画CM)

「味の記憶篇」メイキング

《CMメイキングエピソード》「CM撮影秘話」

こちらの赤ちゃんは、CMを作ってくれたスタッフの甥っ子さん「英(スグル)君」1歳。昨年の東日本大震災の10日前にこの世に生まれて来た可愛い赤ちゃん。

当日は1時間1本勝負!興味深かったことは、手に持たせた笹かまぼこが凄く気に入ったらしく、休憩で取り上げた時「返せ~!」とばかりに大泣きしたという事!

ここで担当Sは思いました・・・
(英(スグル)君、将来は馬上の工場に来なよ!)

馬上かまぼこ店の百年先も安泰だと思った撮影当日でした!